愛知県名古屋市の産業床下地処理工事専門会社 | 株式会社 創研

機械仕様

FG-220EM+集塵機

FG-220EM+集塵機

形式 FG-220E
全長×全幅×全高(mm) 1658*×613×1050
*ハンドル格納時1018mm
質量(kg) 277(ウェイト質量26.7kg)
搭載モーター 7.5kW×4P
電源×電流 三相交流200V×30A

※集塵機の仕様は含まれておりません。

複合機を小型で軽量なグルービング機として使用

グルービング作業とハツリ作業が1台になった複合機ですが、創研ではグルービング機としての単機能で使用しています。理由はグルービング機はグルービング機、ハツリ機はハツリ機として使用した方がより専門的に、より綺麗な仕上がりが望めるからです。

厚膜樹脂床の撤去を簡易化!

今まで大変であったMMA樹脂床や水系硬質ウレタン床等の厚膜樹脂床撤去が狭い場所でも可能になりました。
下地処理の時間短縮で工期短縮を実現します。

G-50EM

G-50EM

形式 G-50EM
全長×全幅×全高(mm) 1100×430×890
質量(kg) 89
カッター幅 2.5・5・10mm
溝切り深さ 0~30mm
モーター出力 3.7kW
電圧×電流 三相交流200V×20A

 

強力3.7kW(5馬力)モーターでパワフル切削。

パワフルでハンディカッターの約3倍のスピードで溝切りができます。

乾式切削(ミストも可能)で、カット後すぐ次工程に移れます。

乾式のため、溝切り施工後すぐに塗り床材などの塗布が可能です。
当社専用のミスト仕様により、カッターの焼けがおこらず安定した溝切りが行えます。

集じん機搭載型で粉じんの飛散がありません。

集じん機搭載型のため、粉じんを同時回収しワンマン作業ができます。

ミリ単位の精度で切削深さ調節が簡単なレバー方式です。

手元のレバーで簡単に深さの調節ができます。

G-350E

G-350E

形式 G-350E
全長×全幅×全高(mm) 1250~1790×642×1250
質量(kg) 490
カッター幅 ~最大376mm(溝間隔19mmの時)
カッター径×枚数 ø230×22枚(標準)
溝切深さ 1~20mm
モーター出力 15kW×4P(20PS)
カッター回転数 2000min-1(rpm)
自走速度 1~21m/min
電源×電流 三相交流200V×70A以上
電源周波数 50Hz or 60Hz共用

硬質で厚膜タイプの樹脂モルタル塗床材を除去

グルービング工法として、硬質で厚膜(10~20mm厚)タイプの樹脂モルタル塗床材やコンクリートを多数のカッターを用いて細かく切断し、その後、横方向よりハツリ機やハンドブレーカー等を使用して『力』を加え、全面撤去作業が容易に行えます。
または、平面切削工法として、一度に深いレベルで平面に切削除去することもできます。

強力20馬力モーターを搭載

『厚くて硬い樹脂床』もスムーズな切断が可能です。
樹脂モルタル10mm深さで2~4m/min可能。

静音タイプで作業もスムーズ

ハツリ機のような打撃音も無く、電動タイプのため作業音がとても静かです。
(入力電源は約45KVA以上が必要)

集じん機のポリ袋に直接回収。ゴミ捨て作業も大幅に改善

切断作業で発生する粉じんは、搭載している集じん機のポリ袋に直接回収。ゴミ捨て作業も大幅に改善。
(乾式切断工法のため、切断後すぐに次工程に移れ『工期短縮』を実現します)
(切断と同時に集じんするため、湿式工法のように現場環境を汚さずクリーンな作業環境を実現します)

ショットブラスト2-30

ショットブラスト2-30

形式 ショットブラスト2-30
全長×全幅×全高(mm) 1900×980×1200
質量(kg) 625
電源・燃料 三相400V40A

ノンスリップの仕上げ

細かい凸凹を作り、コンクリート床をノンスリップにできます。

ワイドな作業幅

2個のブラスティングホイールを2台のモータ(11kw×2)で駆動するため、作業幅が800mmと広く、高い作業性を持っています。

クリーンな作業

ブラストマシーンに専用の強力集塵機(854DCS)を接続する事により粉塵を集塵します。

研磨材(鉄球)の再利用

専用集塵機によりブラストマシーン内で研磨材と粉塵を分離することができ、研磨材を再利用することができます。

DHG

DHG

形式 DHG
全長×全幅×全高(mm) 980×700×910
質量(kg) 90
電源・燃料 三相200V21.5A

強力パワーの研磨機

単頭ヘッドに専用の特殊サーフェースダイヤを取り付け、強力な研磨能力を持った、イギリスエラット社製の研磨機です。

その他、創研が使用する機械をご紹介