BLOG

技術のブログ

鏡面研磨仕上げ

2021.09.07

鏡面仕上げ

こんにちは。

鏡面研磨仕上げについてですがわかりやすいようにホームセンターで販売されている

コンクリート板がどの様に変化していくか写メで説明してみようと思います。

 

 

まずはホームセンターで購入したままのコンクリート板です。

表面にはあばたや巣穴があり普通のコンクリート板です。

 

 

 

 

 

1工程目は#30のメタルダイヤにて研磨です

研磨後の状態ですが骨材が露出していていますが

表面にはあばたと巣穴が残っています。

 

 

 

 

2工程目は#60のメタルダイヤにて研磨ですが表面の状態はあまり変化しません

ので写メは省略します。

 

 

3工程目はメタルダイヤ#120+専用薬剤にて湿式研磨です。

表面のあばたと巣穴が埋まりツルツルした状態になります。

 

 

 

 

 

 

 

4工程目は表面強化剤の塗布と乾燥ですが表面の状態に変化はないので写メは省略します。

 

 

5工程目はレジンダイヤ#100で研磨ですが写メは省略します。

6工程目はレジンダイヤ#200で研磨ですが写メは省略します。

7工程目はレジンダイヤ#400で研磨ですが写メは省略します。

8工程目はレジンダイヤ#800で研磨ですが写メは#800で研磨後の

状態です。

 

 

 

いかがでしょうか?

写メではわかりずらいですが表面のあばたと巣穴が綺麗に埋まり骨材が露出して表面も硬く

なっていて輝いています、最初のホームセンターで購入しただけの板とは全然違いますよね。

詳しくは弊社工場まで見学に来て頂ければ実際に施工した床をお見せできます。

基本的にはメンテナンスフリーなので塗床や貼り床と違い改修工事の必要はありません。

ご予算により#100・#200・#400・#800・#1500・#3000までの仕上げや表面保護剤

撥水剤の塗布などもできます。

また新築、改修などの現場状況により若干の施工手順や方法の違いがありますがその辺りは

現場により対応させて頂きます。

簡単ではありますが鏡面研磨仕上げの説明でした。

 

 

 

 

 

SHARE

床の下地処理、鏡面仕上げのご相談やご依頼はお気軽にお問合せください。

052-795-0399

受付時間:平日9時〜18時

対応範囲:愛知県全域・東海・北陸・関西

オンライン相談も受付中

Copyright 2021 SOHKEN Inc.